代々医者や学者を輩出する名門 サルバトール家。

 

 

この家にはある秘密の風習がありました。

 

 

『充分に快楽を得られる身体で身ごもった子は優秀に育つ』

 

 

サルバトール家に嫁ぐのに高貴な家柄である必要はない。

 

 

ただ、快楽の責め苦を喜びとして受け入れることさえできれば…。

 

 

 

★☆★☆S家に嫁いだM嬢の日常 ネタバレ前に無料画像をどうぞ★☆★☆

S家に嫁いだM嬢の日常_無料_CG4

 

S家に嫁いだM嬢の日常_無料CG3

 

S家に嫁いだM嬢の日常_無料CG2

 

S家に嫁いだM嬢の日常_無料CG1

 

S家に嫁いだM嬢の日常 あらすじ

S家当主に相応しい優秀な子を身籠ること。

 

 

それを承知で嫁いできたM嬢ことメリー嬢の1日は

S家によって決められたカリキュラムに沿って、

 

 

身体を開発されます。

 

 

起床後には身だしなみをメイドたちが整えながら整えながら、

 

 

前日の古い精子を膣から指で直接かき出します。

 

 

『古い精子は良き妊娠の妨げになる』

 

 

快楽カリキュラムをこなすM嬢は

既にどんな刺激でも敏感にアソコを濡らしてしまいます。

 

 

今日の担当したメイドは新人で、

予期せぬところを擦ったことで昨夜の旦那様との

激しい子作りを思い出してしまいます。

 

 

軽くイってしまうのも仕方のないこと。

 

 

精液の掻き出しが終わると体温を膣で測り、

最適な教育スケジュールをくみ上げます。

 

 

これはメイド長のお仕事。

 

 

朝の日課が終われた、

カリキュラムがさっそく始まります。

 

 

今日の訓練は乗馬。

 

 

乗馬は貴婦人の嗜みですから

当然身につけなければなりません。

 

 

しかし、S家のカリキュラムに休みはありません。

 

 

旦那様のペニスを模して造られた張り型を

馬の鞍に装着して、

 

 

挿入しながらの訓練。

 

 

これは、自分で気持ちのいいところを探し、

きちんと中でイけるようにする訓練です。

 

 

ただ簡単にイッてはいけません…。

 

 

時には我慢することを覚え、

旦那様のタイミングでイけるようにならなくては…。

 

 

ですが、今日のカリキュラムに問題は在りませんでしたが、

馬に問題がありました。

 

 

メリー嬢が騎乗した馬は、

交配時期が近かったのです。

 

 

メリー嬢の痴態に興奮を覚えた馬は草原を駆け回り、

強い刺激を受けたメリー嬢は

馬が落ち着いて止まるまで、ひたすらにイクことになってしまいました…。

 

 

もちろん訓練はこれだけではありません…。

 

 

S家に嫁いだメリー嬢のカリキュラムは

旦那様が帰ってくるまで続くのです。

 

 

S家に嫁いだM嬢の無料CGはコチラ

 

S家に嫁いだM嬢の日常 ヨールキ・パールキの強みがわかりました

【事故物件留学生】からの流れで読みました。

事故物件留学生よりも、パワーアップしてますね。

 

ヨールキ・パールキは日々進化をしているのでしょう。

今作を読んで思ったのは、

作者はまだまだ伸びるというところです。

 

 

特に、衣装がすごい。

 

 

メイドたちの胸下が大胆に空いた衣装は

管理人の心をわしづかみにしました。

 

 

まだ細かなボタンなんかも丁寧に、おしゃれに描かれており、

 

 

これだけ意匠の凝った衣装を描けるのなら、

着衣系エロマンガとしてブレイクしそうです。

 

 

このあたりは、事故物件留学生にはないものでした。

 

 

サーニャの可愛らしさは確かに魅力的ですが、

事故物件留学生の魅力ってそこだけなんですよね…。

 

 

ヨールキ・パールキの真髄は着衣エッチ…。

次回以降の作品にはもっと着衣エッチを盛り込んでほしいです。